WEBライターってどんな仕事?仕事内容やお給料について解説

「WEBライターってどんな仕事?」「自分にもできるかな?」そんな疑問をかかえてる方もいらっしゃるでしょう。

在宅での仕事として近年注目のWEBライター。

興味があるけどよく分からないからと言って、躊躇している方も多いでしょう。
そのような不安は、WEBライターについて理解することで解消できます。

この記事では、WEBライターの仕事内容や気になるお給料について、具体的に解説します。

Webライターとは?

Webライターとは、Webメディアに掲載する記事を書くライターのことを言います。

ライターというと、専門的な知識や技術を持った人のようにイメージされている方も多いでしょう。

しかし、近年は副業としてライターをする方や主婦で子育てや家事の合間にライターとして活躍している方も増えています。

Webライターの仕事内容

一般的なWebライターの主な仕事は、サイトの運営元のクライアントからテーマや構成を受け取り、依頼に沿って記事を執筆することです。

コラム記事やネットの広告・商品紹介などさまざまな文体での執筆があり、ジャンルも専門的なものから日常的なものまで幅広くあります。

また、文章を書くだけでなく、文章の元となる企画や構成から作り上げることや、アイキャッチの画像作成をする場合もあります。

WEBライターは、特に学歴や経験が必要ないため、未経験からでも挑戦できる仕事です。

パソコンがあれば、いつでもどこでも仕事ができるため、初心者や副業・家事の合間でも始めやすいといえるでしょう。

Webライターのお給料は?

仕事をするうえで気になるのは、お給料ですね。
ここでは、Webライターのお給料について見ていきましょう。

Webライターとして仕事をする方法には、正社員やフリーランスなどさまざまな形態があるので、働き方を次のように分けて目安を紹介します。

・社員やアルバイトとして企業に勤める場合

・フリーランスとして働く場合

・本業を持ちながら副業で取り組む場合

社員やアルバイトとして企業に勤める場合

企業に属し、社員やアルバイトとして活動する場合の目安は次の通りです。

アルバイトなら時給1,000円~1,500円程度

・正社員なら年収300~400万円程度

ライターは、専門的な知識や経験がない場合や初心者では単価が低く、自給換算すると最低賃金を下回ってしまうことがあります。

しかし、経験を積んで単価を上げることで、上記以上の収入を得られるケースもあるのです。

フリーランスとして働く場合

フリーランスとして働くとは、企業などに属さず、独自で発信することや業務委託契約などを結んで記事を書くことを言います。

クラウドサービスなどのネットから案件を獲得する方法などが一般的です。
フリーランスとして働く場合、時間に縛りはないので自分の好きな時間で働けるというメリットがあります。

ただし、正社員のように安定した給与が確保できず、自分の頑張り次第で収入が大きく上下するという点には注意しましょう。

フリーランスの場合、単価が高くなると1,000万円程度まで稼ぐことが可能になります。

本業を持ちながら副業で取り組む場合

本業の合間で副業としてライターに取り組む方も多いものです。
この場合も、フリーランス同様に自分の頑張り次第で収入は大きく上下します。

多くの方は、月収5万円~30万円で稼いでいるのが一般的です。

副業の場合は収入によっては確定申告が必要になる場合があります。事前に本業の就業規定や確定申告の概要を確認しておきましょう。

まとめ

Webライターの仕事内容やお給料についてお伝えしました。

Webサイト用の記事を書くWebライターは、時間や場所に縛られない働き方として注目を集めています。
正社員やフリーランス・副業など働き方も異なり、自分の頑張り次第で収入も大きく左右されるものです。

この記事を参考に、自分のスタイルに合った働き方でWebライターを目指してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人