SEOを意識した記事作成で順位を上げる方法とは?

「なかなか順位が上がらない…」「SEOを意識した記事ってどう書けばいい」そんなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

SEOで順位を上げるためには、ユーザーの求める情報を提供する必要があります。

この記事では、検索順位を上げる方法について、分かりやすくポイントを解説します。

KWを選定する

まず大事なことは、「どのキーワードで上位に表示されたいのか」を決めることです。

そのキーワードに対して提供できている情報の良し悪しは検索順位を大きく左右するものです。

記事のキーワードを1つ選定して、そのキーワードに特化した記事を執筆するようにしましょう。

ユーザーファーストを意識する

キーワードが決まったら、ユーザーファーストを意識した記事を執筆していきます。

そのためには、ユーザーが何を求めて検索したのかを把握する必要があります。
ユーザーが知りたい情報とは異なった記事を提供しても、途中で離脱されてしまい検索順位も下がってしまうものです。

ユーザーファーストのために意識したことは次のようなことがあります。

・上位サイトを参考にする

・キーワードをタイトルや見出しに含める

・スマホで見やすい記事

ユーザーの検索意図を探るには、実際に検索してみて上位に表示されるサイトを見るのが有効でしょう。

上位サイトは、それだけ内容が評価されているということでもあり、ユーザーの求めている情報がより多く含まれているものです。
ただし、上位記事を参考にする場合、そのまま利用してしまうとコピペとみなされてしまう可能性が高くなります。

上位サイトの内容を参考に、自分の記事のターゲットや目的に合わせて内容を充実させていくとよいでしょう。
また、検索順位を上げるためにはキーワードをタイトルや見出し・本文などに含めて執筆していく必要があります。

タイトルなどにキーワードを含めることで検索との関連性を強調でき、上位表示を期待できるようになるでしょう。このとき、見出しと内容が一致していなければユーザーは離れてしまいます。

タイトルや見出しだけにキーワードをちりばめて、本文の内容が伴っていないということがないように注意しましょう。近年はスマホで情報を得るという人が多いものです。

スマホでの見やすさ・使い方(ユーザビリティ)もユーザーファーストにつながります。

書いた記事はスマホでも一度確認してみるとよいでしょう。

SNSを活用する

作成した記事は、TwitterやInstagramなどのSNSを活用して宣伝することも重要です。

SNSで宣伝することで、関心のあるユーザーなどのより多くの人に記事を認知してもらえるようになります。共感や共有が増えることで、その記事へのリンク獲得につながる可能性が高まるでしょう。

正確な情報で良質な記事であることが大前提となるので、まずは記事の質を高めることが大事です。
良質な記事を作成し、効果的に認知度をアップさせリンクを獲得することが順位を上げる近道となるでしょう。

検索順位を調べてリライトを実施する

記事を作成してアップしたらおしまいではありません。

作成した記事は、キーワードの検索順位を負って管理していく必要があるのです。
管理していくなかで、順位が下がるのであれば作成した記事のリライトが必要になります。

SEO対策を実施している企業は増え、検索順位争いは激しいものです。

短期的な対策ではなく、長期的に検索順位のチェックと対策を繰り返していく必要があるでしょう。

まとめ

SEO記事の作成や検索順位を上げるためのポイントをお伝えしました。

SEO記事で検索順位を上げるためには、キーワードの選定やユーザーニーズに応えるなど長期的な対策が必要になります。

この記事を参考に、SEOでの検索順位の上げ方を理解し、対策していくようにしましょう。

この記事を書いた人