Googleの検索順位アルゴリズムとアップデート例

Googleの検索順位を上げるために重要なのが「検索順位アルゴリズム」の理解です。

しかし、「アルゴリズムって何?」という方も多いのではないでしょうか。

この記事では、検索順位アルゴリズムや過去のアップデート例について分かりやすく解説します。

Googleの検索順位が決まるアルゴリズムとは

Googleは、入力されたキーワードに対して、さまざまな判断を元に検索順位を決定しています。

その検索順位を判断するための大きな役割を果たすのが「検索アルゴリズム」なのです。

Googleの検索アルゴリズムとは

検索アルゴリズムとは、キーワードを入力して検索したときに表示される順位を決めるGoogleのプログラムのことを言います。

膨大なサイトの中から、ユーザーに最適なページを表示させるように設計されており、ユーザーの悩みを解決することを目的としているのです。

Googleの検索順位が決まる要因

Googleの検索順位を決める判断基準は数多く存在し、200以上もの基準があると言われています。
そのため、上位表示させるための対策を正確に打ち出すのは難しいでしょう。

しかし、検索順位に影響するものとしてGoogleから一般公開されているものもあるのです。
検索順位に影響する主な要因として、次のようなものがあります。

・キーワードの検索意図の把握

・ページとキーワードの関連性

・コンテンツの品質

・サイトの使い勝手の良さ

・ユーザーの位置情報や検索履歴などの情報

それらの要因を元に、検索順位が決められていることを意識し、コンテンツを充実させることが重要です。

過去の検索アルゴリズムアップデート例

Googleの検索アルゴリズムは常に一定ではなく、何度もアップデートされているものです。
ここでは、過去の代表的なアップデートである、次の3つについて解説します。

・ペンギンアップデート

・健康アップデート

・Core Web Vitals

ペンギンアップデート

2016年に実施されたのがペンギンアップデートです。
このアップデートは、不正な手段で上位表示しようとするサイトを取り締まる目的で実施されました。

悪質なリンクの使用やユーザーをだます根拠のないレビューを載せるなどの行為がある場合、検索順位が下がる仕組みです。

このペンギンアップデートはリアルタイムで実行されるため、もし評価が下がってしまっても、原因を取り除くと評価を回復できるという特徴もあります。

健康アップデート

日本国内のみに適用された異例でもあるアップデートが、健康アップデートです。
このアップデートでは、健康や医療など人命にかかわる検索が精査されます。

それまで、医療や健康系のサイトでは、医学的に根拠のあるなしにかかわらず検索結果に表示されるものでした。

しかし、このアップデートでは、根拠のない情報であれば低い評価を受け、検索結果が下がるようになったのです。

健康アップデートでは、健康だけでなくお金や生活のキーワードも対象となります。
そのため、それらのキーワードを使用する場合は、より信頼性の高い情報を掲載する必要があるのです。

Core Web Vitals

Core Web Vitalは、ユーザーの使いやすさ向上のために導入されたアップデートです。
この判断指標の主なものには次のようなものがあります。

・レイアウトのズレの発生

・メインコンテンツの読み込み速度

・ユーザーの最初のアクションに対しての反応時間

最近主流のSEO対策

最近のSEO対策のポイントとして挙げられるのが「オリジナルコンテンツの有用性」です。
コンテンツの有用性とは、検索したユーザーのニーズに応えられるコンテンツであるということを意味しています。

つまりユーザーの目線に立ったコンテンツであることが求められるのです。
しかし、ユーザーによってそのニーズは異なり、すべてを満たすことは難しいでしょう。

Googleでは一つの指標として、「品質評価ガイドライン」が示されているので、参考にするとよいでしょう。

まとめ

Google検索順位を決めるアルゴリズムや過去のアップデートについてお伝えしました。
検索順位を判断するプログラムであるアルゴリズムは、さまざまな要因を元に順位を反映しています。

また、いままで多くのアップデートが行われ、今後もさらなるアップデートが予想されるものです。

それぞれのアップデートの内容を理解し、対策することで検索順位を上げられるようになるでしょう。

この記事を書いた人