ディレクション協会主催セミナーに参加しました

先週末にディレクション協会の主催するセミナーに参加してきました。
「LIG’s DIRECTION school 2016 with 日本ディレクション協会」(http://direkyo.com/ligsem/
私は1年コースで申し込みこんで、今回で2回目になります。

日本ディレクション協会

今回のテーマは「カスタマージャーニーマップ(CJM)・エクササイズ」

前半は、座学。
後半は、ワークショップでした。

恥ずかしながらカスタマージャーニーマップという言葉を初めて知りました。
一番興味深かったのは
カスタマーの温度をグラフ化して、温度が低いところ(=サービス利用へのテンションが一番低いとき)に対してどのようなマーケティングが必要かを考えるところです。

前回のセミナーもそうですが、すぐに実戦で使えそうな技を勉強させてくれます。

ワークショップはこんな流れでした。
・なんのサービスか決める(売り出したいサービス):映画、地下鉄、スーパー、コンビニなど
・ペルソナユーザーを設定する
・ペルソナユーザーがそのサービスを使用するとき、その前、その後の心的変化や活動の変化を掘り下げる

例えば、コンビニを利用する場合、
(1)コンビニ利用前
・行動面:コンビニを利用する前の活動(朝出勤前など)
・精神面:コンビニを利用する前の気持ちを掘り下げる(どんな気持ちか、何を求めているのか)

(2)コンビニ利用中
・行動面:コンビニでの行動を分析する(最初からコーヒー狙いで行くのか、何かいい飲み物ないかな、という探したい気持ちで店内をウロウロするのか)
・精神面:その時のテンションは高いか低いか

(3)コンビニ利用後
・行動面:行動の変化(店の前でとりあえずコーヒーだけ飲んでしまうなど)
・精神面:満足したけど、コーヒーを飲んで目的達成し、テンションが下がったか。そのコーヒーを人に勧めるかどうか。

こんな感じでとにかくユーザーの気持ちを掘り下げる!
掘り下げまくる!!

日本ディレクション協会

 

そして、テンションの低い高いを明示化して、グラフ化するんです。

今までのWEB(マーケティング)はユーザビリティのことを主体に起き、

・この商品をどう魅力的に見せるか。
・購入、資料請求などコンバージョンまでの動線は問題ないか。

ということばかりだったんですが、
カスタマージャーニーは違いました。

×売り手のセールス
ではなく、
◯ユーザーの求めるものを提供
を重視しています。

確かに、10年前は1家に1パソコンの時代。
今は歴史的にも類を見ない1ユーザーに1デバイス(どころか複数も)の時代。
情報は極めて個人的に提供され、常に情報と接して生きている。大袈裟ではなく人類史上初めての生活スタイルになっていますよね。

これは日常的に当たり前の変化として受け入れられていますが、マーケティング的にはすごく画期的なことなんです。

当然、ユーザビリティは必要だと思います。
ですが、1ユーザー複数デバイス時代の今、ユーザーの生活にいかにコンバージョンさせるかを考えていく時代になったのだと感じました。

制作だけでなく、制作したWEBサイトを活用できるデザイナーになりたい。
と思い、セミナー参加していますが、今後のセミナーにも期待大です。

 

(最後に発表をしました。画像は別チームのもの)

日本ディレクション協会

【1】ホームページ作りたいけど、どこに任せたらいいのか

ホームページ制作

ホームページ作りで不安を抱えられている方に向けて、
シリーズでブログを書きたいと思います。

今回は第1章の「ホームページ制作をどこに任せるか」です。
長年、中小企業様や個人で事業をされている方(予算が大きくとれない方)のホームページ制作に携わった経験を通して、
どうしたら失敗が防げるかを私なりに綴っていきたいと思います。


ホームページを作りたい。リニューアルしたい。けど、どこに任せたらいいのかわからない。
という方は結構多いかと思います。

わたしの周りでも「知り合いに任せることにした」ということは少なからず聞こえてきます。
業者よりも値段も安く、気心が知れているので任せるケースですね。

まず、ホームページ制作をしたい場合、こんな選択肢があると思います。

  • (1)ネットで業社を探す。
  • (2)知り合い関係でできる人を探す。

1と2のそれぞれメリットとデメリットを私なりにお話ししたいと思います。

(1)ネットで業社を探す場合

 

ネットでWEBサイト制作会社を探す
(1)を選ぶ場合のユーザーサイドの不安(デメリット)はこんな感じじゃないでしょうか?

  • どんな人(会社)が作ってくれるかわからない。
  • 制作会社の場合だと料金が高い(ケースが多い)。
  • そもそもネットで検索してもみんな同じことを言っていて何をポイントに選んだらいいのかわからない。

■業社を選んだ場合のメリット

何と言っても「確実」「安全」です。

個人でご商売されている方はご予算があまり多く取れないので ”とにかく安く” という方がいらっしゃいますが、

ホームページ制作の料金の値崩れが激しいと言っても、相場というものがございます。

相場以下で制作を承るところは結局、安物買いの銭失いになりかねませんので、(ハッキリ言いますが)やめたほうが賢明です。

 

「騙されるのでは・・」と危惧される方もいらっしゃるかと思いますが、10年前よりもしっかりした業社ははるかに多いです。

ホームページをしっかり作っているところであれば、連絡をとっても大丈夫です。

またほとんどの業社、フリーランスも見積もりは無料です。

できる限り、やりたいことをハッキリさせて見積もりをお願いすると失敗も少ないです。
(※やりたいことがハッキリしない方も多くいらっしゃいます。ご安心ください。ホームページで何がしたいのか、何が必要なのかは第4章「HPをなぜ作るのか」でお話ししたいと思います)

 

 

(2)知り合い関係でできる人を探す場合

知り合いのWEBサイト制作者を探す

■知り合いに頼んだ場合のメリット

  • 話が早い。
  • 知り合いなので安心できる

■知り合いに頼んだ場合のデメリット

正直申し上げて、「知り会いに頼んだんだけどあまり良くないからお願いしたい。」とわたくしのほうにご依頼くださるお客様は少なくありません。そういった方はこのようなことで困っておいででした。

  • 友達価格で頼んだので、これ以上色々お願いできない。
  • 料金を支払ったとしても、制作者のスキルがこれ以上ないため、やってほしいことに対応できない。
  • 思ったようなデザインでなかった。(けど知り合いなので変更をお願いするのが心苦しく、このまま使っている状態)
  • 反応が遅い。連絡しても更新まで時間が掛かる。

知り合いに頼んだ方がすべてこのような理由をお持ちかと言うとそうではありません。

ですが、特に個人でご商売されている方の場合「縁故でお願いしたけど、困っている」というお声も少なくありません。

(1)、(2)どちらにしたいいのか、選ぶ際のポイント

WEBサイト制作外注の選び方

見積もりの連絡(だいたいがメールでの連絡になると思いますが)の際に、相手の業社(またはフリーランス)の 対 応 を見ていただき、任せられるかどうか判断いただくといいと思います。

ホームページで好感をいただいていたところが、一番いいとは限りません。

この場合「いい」というのは「相性」とお考えください。

相性というと性格で個人的な問題でビジネスとは関係ないと思われるかもしれませんが、
ホームページ制作される業社はあなたのビジネスパートナーです。

あなたに代わって、ネット上で営業する大事なお店を任せる人(会社)になります。

話していて、違和感を覚える相手にあなたの大切な仕事の営業を任せられるでしょうか?

そういう意味で相性が良いパートナーであるかどうかを、見積もりの回答で判断いただくと良いと思います。

あらかじめご自分のご商売に対して、どのような営業をしたいのかをご自分で明らかにしておけばこのような事態を防ぐことができます。

「とは言ってもホームページとかよくわからないし、一緒に考えて欲しい。プロの意見を聞きたい」
というご要望をお持ちの方も多くいらっしゃいます。
そうしたお話し合いに制作会社(フリーランスの人)が時間を割いてくれるかどうか、というのも知り合いであろうが、業社であろうが、どこに頼むかの判断の基準としていただくと良いかと思います。

まとめ

(1)ネットで探す場合

メリット
・安全、確実
今はあまり変なところはありませんのでまずは見積もりの連絡をとってみてはいかがでしょうか?

デメリット
・会社の場合は料金が高い(ケースが多い)

(2)知り合いに頼む場合

メリット
・話がはやい、知り合いだから安心できる

デメリット
※私個人の範囲でお会いしたお客さまに多くいらっしゃいました。

・頼んでみたけど、制作者のスキルが足りなくこれ以上はお願いできない(デザイン面、システム面、営業戦略面)
・反応が遅い

業社でも知り合いでも失敗を防ぐ!選ぶ際のポイント

  • まずは見積もりをとりましょう。
  • 見積もり金額だけでなく、対応力も見ましょう
    制作者はあなたの大事な商売のネット上に開かれたお店を任せるビジネスパートナーです。
    ホームページの提案内容など話をしていて違和感のない方、会社を選びましょう。

次回は「業社とフリーランスの違い。あなたにとってどちらがマッチング度が高いか見てみよう」です。

Google chromeで自分のサイトを閲覧すると攻撃サイトとして報告される

spam 

Chromeで自分のサイトを見たときに突然赤い画面が出てきて

あたなのサイトはスパムサイトだから見れませんよ

と言われてしまう。

 

これ、すごく焦りますよね。

「何もしてないのになんで!?っていうか攻撃されたのは自分のほうだし!?」

普通に考えてFTPパスワードがバレてしまったか、
WordPressサイトだったら管理画面に入られてしまったか、
そんなことを心配しますよね。

 

サイトのデータ置き場を見ることができる人は、データを見ると知らない怪しい名前のファイルが置いてあったりして、単純に気味が悪い。

 

まるで鍵をかけた自分の家の中に知らないうちに知らないガラクタがいっぱい置かれた感じ…。  

 

私のお客様の中もWEBサイトがスパムサイトだとして表示できなくなり、焦ってご連絡をいただくことがあります。  

 

あまりないことですが、正直言って全くないことでもありません。。。  

 

そうした時に、サイトの管理を任せていると安心です。

普段、管理費という目に見えないものにコストがかかっていくのが「なんだかなあ」という方もいらっしゃるとは思います。

が、実際何かあったときに対応してくれる保険金のようなものだと考えてみてはいかがでしょうか。

 

実際目に見えなくても、

・定期的にWordPressやプラグインの更新を安全性を高める

・パーミッションを確認して、きちんとセキュリティが保持されているか確認する

・データベースやサイトのバックアップをとる

など、お客様が目に見えないところで私どもはお客様のWEBサイトの安全性を維持しています。

 

そんな安全性を維持するようWEBサイトに働きがけても攻撃されるときはされます。

そうした時に、すぐに原因をつきとめ対応してくれるのも安心です。

 

私の場合はWordPressでサイト制作をした場合は必ず管理費をかけても安全性を維持するようにお願いしております。 (WordPressは攻撃を受けやすいのです)

 

しかし、以前対応させていただいたお客様の場合はHTML/CSSで制作された方でした。

 

弊社の場合は、管理費用は高額ではありません。

サイト制作をして管理をお考えの方は是非相談してみてください。  

WEBサイトリニューアルしました!

WEBサインズ104のWEBサイトが新しくなりました!

夏からずっと休止状態でご迷惑をおかけいたしました(汗)。

リニューアルする予定で休止にしたのですが、いざ取り掛かろうとした途端にいろいろお仕事のご依頼がありましてリニューアルが後回しになっておりました。

サイト休止中でも関わらず、お付合いのあるお客様よりお声をかけていただけるのは大変ありがたいですね。

 

さて、久しぶりにお客様のものではないサイトを制作したのですが、
予算などにこだわらない、自分の思い通りに設計できるのも楽しいものですね。

今後も機能面で色々さわって勉強しつつ楽しみつつ、このWEBサイトも強化していきたいと思います。

 

これからもWEBサインズ104をよろしくお願いします。