士業のホームページは記事のコンテンツ化が必須?

営業戦略としてホームページを開設したものの、発信する情報が乏しく、お問合せや相談が少ないとお悩みではないですか?

ホームページ制作で必須となるのが記事作成ですが、日々の業務で多忙な中、自ら記事を書いて情報を発信するのは容易ではありません。

そこで、士業のホームページ制作で記事作成を外注する必要性を解説します。

記事のコンテンツ化が必要な理由

自分が営業しなくてもHPが営業してくれる

昨今ではオンラインが普及し、人間関係が希薄になり、周囲の人からの紹介で仕事を増やすことが難しくなっていいます。そんな中だからこそ、インターネットを活用した集客がより一層重要になってきます。

ホームページを作り、コンテンツを豊富にすることにより、事務所の認知度・知名度・信頼度アップにも繋がります。自分が営業しなくてもHPが営業してくれるので効率が非常に良いです。

名刺代わりの士業のホームページ制作

パソコン・スマホ・タブレットが普及して、今や必要な情報をネットで検索するのが当たり前となりました。名刺代わりに士業のホームページを持っておけば、事務所概要 (所在地・連絡先・沿革)・代表者のプロフィール・専門分野・実績について情報を知り得ることができます。

また、オンライン会議が増えてきているので、実際の名刺交換は無しでホームページのURLを直接送ることで自己紹介を済ませるような機会も増えてきています。

士業のホームページを作る上で2つの問題点

すでに士業のホームページ運用中の方でも下記のような問題を抱え、どう対処すべきか悩むケースも少なくありません。

時間の余裕がなく更新作業ができない

・古い内容を新しく書き換える時間がない

・サイト内ブログを更新するのが面倒

・記事を書くのに良いネタが見つからない

士業に携わる人は日々の業務に追われ、記事作成・更新作業の時間がとれないのが悩みの種です。「気が付いたら、最終更新したのは1年も前だった」というケースも珍しくありません。

アクセス数が増えない お問合せや相談件数が少ない

ホームページを開設したものの、「アクセス数が伸びず、お問合せや相談件数が少ない」と悩むケースもあります。WEBマーケティングの知識がなければ、検索上位表示は難しいです。

更新作業ができない→検索順位が下がる→アクセス数が増えない→問い合わせがない という負の連鎖がうまれます。

士業のホームページで定期的な記事作成が必要

 ユーザー視点に立った有益性の高い情報発信

士業ホームページに事務所代表者が記事を書くケースも多いですが、注意しなければならないのは、情報の伝え方です。
士業特有の目線で記事を書き続けていると、一般の読者には情報が伝わりにくいものです。
記事の内容が難解だと最後まで読み切れず、離脱率も高くなります。

記事作成を外注することにより、ユーザー視点に立ち、わかりやすい言葉に置き換えて有益性の高い情報の発信が可能となります。

一方的な情報発信を防げられる

士業のホームページでよく見られるのが、セミナー・勉強会・無料相談会実施に関する情報です。士業の事務所代表者が連続的に情報発信するケースが多く、内容が一方的になってしまい、読者との繋がりが薄れてしまうこともあります。

その点、記事を外注することにより、柔軟な発想と企画・構成力で身近なテーマを取り上げてくれるので、専門的な知識がなくても楽しく読めるコンテンツに仕上げてくれます。

この記事を書いた人