医療系の記事を外注するメリット・デメリット

「病院のホームページに記事を投稿したいけど忙しくて手が回らない…」と悩まれている方も多いでしょう。

この記事では、記事作成を外注するメリットデメリットをお伝えします。

医業のホームページで記事作成を外注するメリットとは

・集患・増患対策が丸投げできる

・従業員に対して良いイメージを与える

医業のホームページで記事作成を外注するデメリットとは

・外注コストがかかってしまう

・業者の選別に時間がかかる

外注すれば集患・増患対策が期待できる

メリットがデメリットを上回らなければ依頼しようとは思わないでしょう。
最大のメリットは何なのか?というと、「集患・増患が期待できる」ということです。

ホームページが上位表示されれば、記事をきっかけに病院を選んでもらえる可能性が上がるでしょう。

しかし、記事作成は自力で行なうには限界があります。

記事作成を外注することで、本業に力をいれて医療技術を向上することができます。

病院スタッフの募集にも効果的

病院のスタッフを増やしたいと思っていても、求人募集はコストが嵩むので容易ではありません。

しかし、ホームページ上でスタッフ募集のページを載せることにより、最低限のコストで求職中の方に検索される可能性が上がります。

また、病院の雰囲気や理念を伝えることで、病院に合ったスタッフを集められるようになるのです。

自分で記事を執筆するのは有り?

「外注すると費用もかかるし、自分でやったほうがいいのでは」と思う方もいるでしょう。

しかし、記事作成は思ったよりも時間がかかるものです。
記事作成といっても、記事を書くだけではなく、企画・構成を練ってから記事を書き、画像を選定する〜…etc

さらに、SEOを意識しながら質の高いものを作ろうとすると、時間も手間もかかります。

外注する時に気をつけたい点

記事作成の費用はピンキリです。

中には1文字1円、1記事あたり数百円という業者も存在します。
安ければ費用は押さえられますが、記事の質が伴っていなければ意味がありません。

質の低い記事を投稿していると、読み手が離れてしまうので、検索順位の低下や病院自体の印象も悪くなるでしょう。

ただし、高い費用をかけたから質の高い記事が手に入るとも限りません。
ライターによっては費用だけ高くて内容が伴っていないという可能性もあり、注意が必要です。

編集プロダクションに記事を依頼する前に取引実績がしっかりしているか?何件も過去に受注しているのか?という点をしっかり確認しましょう。

まとめ

記事を外注することで、手間や時間をかけずに多くの記事を掲載できるようになります。

しかし、記事の外注はライターの質や費用の見極めが必要になるでしょう。

忙しい業務の合間に、ライターの対応までできないとお悩みであれば、編集プロダクションに依頼することをおすすめします。

この記事を書いた人