オウンドメディアを立ち上げる時の記事外注は必要?

オウンドメディアを立ち上げたけど、「いまひとつアクセス数が伸びない」…そんな悩みを抱え込んではいませんか?


自社の社員のみで記事作成・投稿を継続する方法もありますが、記事外注することにより、その悩みが解決できる可能性もあります。

そこで、この記事ではオウンドメディアの立ち上げのメリットとデメリット・記事外注の必要性・外注先の選び方まで詳しく解説します。

オウンドメディア立ち上げのメリットとは

自社商品・サービスの認知度向上

オウンドメディアを立ち上げることで、自社商品・サービスの内容についてユーザーの関心が高まります。認知度向上・集客数アップ・売上増加にも希望が持てます。

潜在顧客の発掘・新規顧客獲得の可能性

オウンドメディアの運営により、潜在顧客を発掘し、新規顧客獲得の効果が期待できます。
WEB広告・セミナー、DMも潜在顧客発掘の有効的な対策ですが、オウンドメディアは時間と場所を問わず情報を発信できるので、高い宣伝効果が見込めます。

Google検索上位表示

オウンドメディアに掲載される記事の中身が充実していれば、アクセス数も増加し、Google検索上位に表示される可能性も高くなります。

オウンドメディア立ち上げ時のデメリットと注意点

運営が軌道に乗るまでに時間と手間がかかる

オウンドメディアを立ち上げたからといって、すぐにアクセス数が増えるというわけではありません。新規立ち上げから運営が軌道に乗るまでには、膨大な時間と手間がかかります。

SEO対策不足で検索上位に表示されない

オウンドメディア立ち上げで安定的に運営を継続するには、WEBマーケティングに関する専門的な知識と技術力も必要になってきます。

その一環としてSEO対策が必須となりますが、この部分がしっかりできていないと、検索上位に表示されにくくなります。

掲載する記事のネタが尽きて更新停止

オウンドメディアを立ち上げたものの、短期間のうちに掲載する記事のネタが尽きてしまい、更新が滞ってしまうケースもあります。

長期に渡り更新が止まってしまうと、その間にも競合会社が最新の情報を発信して集客数を伸ばし、検索順位にも影響する可能性があります。

記事を外注する理由

以上のことから自社の社員のみでは、オウンドメディア運営を継続することは難しいでしょう。

そこで、オウンドメディアの立ち上げから運営まで、記事外注するというのはいかがでしょうか。

SEO対策に特化した記事作成

オウンドメディアで情報を発信する以上は、SEO対策が必要不可欠となります。

自社の社員ではカバーしきれない部分を、WEBマーケティングに強いライターに記事外注することで、SEO対策まで対応してもらえます。

柔軟な発想力と高い記事品質

記事作成のプロに外注することにより、柔軟な発想力と高い記事品質を発揮します。途中で記事作成のネタが尽きることもなく、定期的に更新することで安定した運用が可能となります。専門性・話題性・有益性の高い情報が発信されることで、Googleからのコンテンツ評価も高まることでしょう。

外注先を上手に選ぶ2つのポイント

立上げ・運営・解析までトータルサポート

オウンドメディアの記事作成のみでなく、企画・立ち上げから運営・解析・戦略の改善まで一貫体制の会社を選んでおくと安心です。
定期的に運用状況をチェックし、アクセス数に伸び悩む場合は、WEBマーケティング戦略を強化して改善するなど、フレキシブルな対応ができれば理想的です。

予算に見合うかどうか

外注先を探す前に予算を立ててみましょう。
複数社の候補があれば見積もりを取り、料金とサービス内容を比較しておくことをおすすめします。

まとめ

オウンドメディア立ち上げから運営まで、すべて自社のみで行うか、外注先に依頼するか2つの選択肢があります。

あえて自社のみで完結することでお金をかけずに済み、経費節減のメリットは得られますが、運営が順調にいかなければ何の意味もありません。

その点、記事外注することにより、WEBマーケティング戦略に特化した品質の高い記事が期待できます。このようなニーズを満たせる編集プロダクションもあります。

社内では不足しがちな部分を専門的な視点から補ってくれる外注先であれば、安心して依頼できます。     

長期的なスタンスで見て、大きな成果に繋げることがオウンドメディアの本来の目的です。そのことを見据えた上で、記事外注の重要性について着目してはいかがでしょうか。

この記事を書いた人