【WEBライター 保存版】薬機法・広告規制の注意したい点

医療・美容記事を得意とするWEBライターも多いですが、薬機法と広告規制について、どの程度まで知識を深めているでしょうか。

これらを正しく理解していないと、記事納品後にクライアントからクレームが来たり、一歩間違えれば大きなトラブルの引き金になるリスクもあります。

そこで、今回の記事ではWEBライターが知っておくべき薬機法・広告規制の注意したい点について解説します。

薬機法とは?


この法律では、製造から販売・広告の分野に至るまで1つ1つ細かく定められているので、WEB媒体に関わるライターや編集者も正しく理解を深める必要があります。

薬機法の対象となる製品とは

・医薬品 (医療用

・市販薬・体外診断用など)

・医療機器 (人工関節・ペースメーカー

・診断装置など)・医薬部外品 (薬用化粧品など)

・化粧品 (スキンケア・ヘアケア製品など)

薬機法と薬事法、何が違うの?

「薬事法は聞いたことがあるけれど、薬機法とはどんな法律なのか知らない。」という人も少なくありません。

2014年11月に従来の薬事法が法改正により、正式名称が「薬機法」となりました。

薬機法に違反した場合は?

法人・事業者などが薬機法に違反した場合は、行政指導として是正処置を求められます。さらに、2021年8月からは新たに課徴金による罰則制度がスタートしました。

対象となる製品の売上金額の4.5%の納付義務が課せられることとなりました。

WEBライターが把握すべき薬機法と広告規制の関係で2つの注意点

誇大広告は禁止行為

薬機法の対象となる医薬品や化粧品について、「誇大広告を出してはいけない」と規定されています。これは、薬機法第六十六条に定められているもので、誇大告 (記事も含む) や虚無の内容を記載・公開する行為は禁じられています。

特定の医薬品や化粧品の誹謗

特定の医薬品や化粧品など、商品に関する誹謗・中傷も禁止行為です。

例1「A社のこの商品は、トレンドに乗っていない。」

例2「B社のこの商品は、製造方式が他社と比べて古い。」などの批判的な表現は誹謗・中傷に相当するものと考えられます。

WEBライターは薬機法と広告規制にどう対応すべきか6つのポイント

薬機法・広告規制について、WEBライターとしてどう立ち向かえば良いのでしょうか。

誠実さをもって文章で伝える

薬機法が施行される以前から薬事法により、医薬品・化粧品の効果・効能を大げさに表現することは長年に渡りタブー視されてきました。

WEBライターとしては、読者に対してありのままを正直に伝えるよう心掛ける必要があります。

長所だけではなく注意点も伝える

化粧品や医薬品について長所ばかりを強調するのではなく、注意点も正確に情報を伝えるよう心に留めておきましょう。
記事内に長所・メリットばかり書かれていると、読者には「商品を売りたいのがミエミエで、かえって疑わしい」とマイナス評価を受けることになります。

不適切な単語は使用しない

WEBライターとして仕事を行う以上、最低限のマナーとして十分認識しているとは思いますが、薬機法・広告規制を意識して記事を書くなら猶更のことです。

「効く」「治る」は使用NGと心得ておくべきです。

根拠のない内容やウソを書くのはNG

「短期間で目に見えて効果抜群」など、根拠のない内容や事実とは異なる内容を書くのは「誇大な表現」となります。読者に誤解を招いてしまうため、NGです。

厚労省規定のガイドラインを要確認

薬機法違反を未然に防ぐ対策として、厚生労働省が規定したガイドラインを事前に確認しておくことが必要です。

納品前にクライアントに相談する

医薬品や化粧品の記事を依頼されて薬機法に引っ掛かる表現があるかどうか、自分では判断がつかない場合は、クライアントに相談しておくと安心です。

まとめ

薬事法から薬機法に改正されたことはなんとなく知ってはいても、記事作成を依頼されて具体的にどう対処すれば良いかわからず、戸惑うことも多いのではないでしょうか。

WEBライターとして「売れる記事を書かなくては」と先走ってしまい、その結果、薬機法を無視した記事がネット上に公開されることのないように、細心の注意を払うべきです。

この記事を書いた人